うつ病にかかることで社会的にどれくらい損失になるか教えて下さい。

うつ病で働けなくなる人が増えると
社会的にも大きな損失です。

 

2009年に国立社会保障・人口問題研究所という所が
調査結果を出しています。

 

それによると、

 

 

自殺やうつ病がなくなった場合の経済的便益(自殺やうつによる

 

社会的損失)の推計額は、
  (1) 2009年の単年度で約2.7兆円
  (2) 2010年でのGDP引き上げ効果は約1.7兆円

 

 

という事です。。。

 

 

自殺とうつ病が混じっているので、単純にうつ病
だけの損失ではないですが、かなりの高額だと思います。

 

 

内訳は

 

・うつ病で自殺した人と休業した人の
労災補償給付が456億円

 

 

・うつ病で休業した人が元気に働いて
いた場合に得られた所得1094億円

 

 

 

・うつ病がきっかけで生活保護を
受けている人の金額 3046億円

 

 

・うつ病にかかる医療費 2971億円

 

 

・うつ病で失業した人への
失業給付 187億円

 

 

・自殺者が働き続けた場合に得られた
はずの生涯所得1兆9028億円

 

 

 

こういう数字を見るともうちょっとうつ病治療に
予算を振り分けてもよい気がしますが、
見えないお金なので、なかなか状況が
良くならないみたいです。

 

 

イギリスの場合、
精神保健に関するナショナル・サービス・フレームワークと
いう政策を1999年から掲げて、うつ病者を減らすことに
成功しているようです。

 

日本ももう少し頑張ってほしいものです・・・。