うつ病の再発率は80%と聞いたのですが本当でしょうか。

 

うつ病の再発率は気になる所ですよね。

 

ちなみに、うつ病の場合は治ったのは、治癒という表現ではなく
寛解と言う表現が使われます。

 

 

2ヶ月間症状が出ていないと回復したと
数えられるようです。

 

 

相談者さんの質問の通り、

 

はじめてのうつ病にかかった人の再発率は80%と言う研究結果があります。
一生の間でみると4回は再発するようです。

 

これは海外の研究です。

 

 

日本の研究として、
日本うつ病学会の発表した再発率のデータを紹介します。

 

 

再発率は、
はじめてのうつ病か、2回目のうつ病
かによって異なります。

 

 

はじめてのうつ病の場合の再発率:50%
2回目の場合:75%
3回目の場合:90%

 

とかなり高い数値になっています。

 

 

治療の長さとしては、半年程度で50%は回復するというのもあるので、
早く回復する方もいるのは事実です。

 

 

一方で再発を繰り返す方もいるのも事実なので、
最初にかかった時にしっかり治療したいものです。

 

 

こうしてみると、うつ病はこころの風邪と言うよりも
生活習慣病のように繰り返しかかる病気だと
捉える方が適切かもしれません。

 

 

現在のうつの治療の中心は薬物療法ですが、
薬では、うちの原因の一つのものの考え方や捉え方は変わりません。

 

 

 

うつになる原因が患者さんの物の考え方や捉え方に
ある場合は、カウンセリングを受ける方が再発率は下がるようです。

 

 

また職場でのコミュニケーションが原因で
うつになるなどの方には、医療機関でコミュニケーションの
練習や、物の言い方、聞き方などの練習をします。

 

 

こういうトレーニングをすると、
うつになる前より、対人関係でエネルギーを使わなくなるので
再発率は下がってくると言われています。