憂鬱のうつな気分が続くとうつ病になるのでしょうか?

普通に生活していると
いろいろ憂うつになる事が多くて困りますよね・・。

 

 

さて、憂うつな気分が続くと、
うつ病になるのかなと心配とのことでした。

 

 

そうですね。
たしかに、うつな気分が長く続くと、
うつ病になる可能性があります。

 

  • うつの診断基準について

 

ただし、うつ病と言うくらいですから、
うつの病気と診断されるにはいくつか診断基準があります。

 

 

専門的には『DSM−IV−TR』という基準があるのですが、

 

簡単に言うと以下のような症状が
2週間以上続いた場合にうつ病と判断されます。

 

 

 

・抑うつ気分
(気分が落ち込む、悲しい気持ち、憂うつな気分が続く)

 

・意欲の低下
(前は楽しかった事が面白くない、関心がなくなるなど)

 

 

・食欲がなくなったり、増えたりする

 

・身体の動きが鈍くなる。強い焦りを感じる

 

 

・何でも自分のせいだと思ってしまう。

 

・眠れない、不眠、又は眠りすぎてしまう(過眠)

 

 

特に注意しないといけないのは、
抑うつ気分と意欲の低下です。

 

 

これが2週間続き、
他の症状もあるという場合は、
うつ病を疑われるようです。

 

 

  • 質問者さんの憂鬱な気分が続くという場合・・・

 

質問者さんの場合、
抑うつ気分があてはまるかなと思うのですが、
これが2週間続いているのかがポイントです。

 

 

例えば、朝から晩まで落ち込んでいる。
2週間を通して毎日落ち込んでいる。

 

 

このようなことがあれば、
一度心療内科や精神科を受診してもよいかなと思います。

 

 

健康な人だと、会社に行く平日は憂うつな気分だけど、
会社が終わると元気になるとか、

 

 

土日は気分よく遊んだりと、
それぞれの場面で、気分が良い時と悪い時があるものです。

 

 

相談者さんも、過去2週間を振り返ってみて、
ずっと抑うつな気分が一定の状態で続いていないなら、
ひとまずは大丈夫だと思います。

 

 

いずれにしても、うつな気分が長く続かない方が良いので、
周りに相談したり、気分転換など
自分なりの対処法を試した方が良いと思いますね。