眠れないときに安眠できる3つのコツ

(読者の方からの不眠の時のコツの投稿です。)

 

私は明日の出来事が気になったり、
ちょっとした心配ごとがあるときなどは決まってなかなか眠ることができませんでした。

 

 

特に大事な日の前日などは早めに布団に
入るようにしていましたが、
早く眠らないとと気持ちが焦ってしまいストレスになって
イライラすることが何度もありました。

 

 

自分の好きな音楽をかけながら眠ったり、
友達とのくだらない会話の内容や楽しかった
旅行の思い出などを思い出すようにするなど、
さまざまな方法を試しましたがツボ刺激が私は一番効果があり、
スッと眠ることができるようになりました。

 

 

眠れないときに押すツボは、かかとの裏にある失眠というツボです。
かかとの中央部分にあり、ここを親指で刺激を感じる程度に
力強く押すと眠れないときに効果的です。
指で押しても感覚が鈍いので、
足の裏でゴルフボールをゴロゴロ転がして刺激したり
ボールペンの先などで押したりすると良いでしょう。

 

 

次に左右の耳を結ぶ線と顔の中心線が交わっている
頭頂部の中央にある百会というツボです。
触ってみると少しへこむ部分が百会であり、
頭を手のひらで包むようにしながら中指で
1分間ほど刺激すると熟睡することができます。

 

 

布団に入る少し前に刺激することでリラックスできるので快眠に導いてくれます。