不眠に効くツボ百会(眠れない時のコツ)

(読者の方からの不眠の時のコツの投稿です。)

 

私は明日の仕事のことが気になったり、
心配事などがあると気になって眠れないことがよくありました。

 

明日は大事な日だから早く眠らないとと焦ってしまうと、
さらに眠れなくなり悪循環を招いてばかりでした。

 

眠る前にスローテンポの音楽を聴いてリラックスしたり、
楽しいことや好きな人のことなどを思い出したり、
いろんな方法を試したのですが、
ツボを刺激することが私にはいちばん効果的でした。

 

 

眠れないときに押すツボは、
頭のてっぺんにある百会というツボを押すことです。
指で押して、ちょうどブヨブヨとしてへこむ部分を探します。
そこに左右の中指を重ねて当てて中指に圧力を加えます。

 

 

頭の中にズーンといった心地よい響きを感じることができるので、
その感覚を楽しみながら1分間ほど押し続けると効果的です。

 

 

次に耳の後ろの尖っている骨から下にある安眠のツボです。
骨から下におよそ指の幅1本分のところにあるので
、頭の後ろから反対側の手をまわして中指で安眠のツボを押さえます。

 

中指でツボをしっかり固定して、
頭を左右にゆっくり動かすことでツボの感覚を楽しむことができます。
左右を交互に刺激しすることによって、快眠を促すので熟睡することができました。