明るくて真面目な知り合いがうつ病に。

 

 

私の知り合いの話なのですが、うつ病にかかってしまいました。
以前から仕事がうまくいかないことや、人間関係の悩みを抱えていて、
ストレスが溜まっていったのが原因だそうです。

 

 

元気で明るく真面目な性格だったのですが、
塞ぎがちになり、ネガティブな考えになっていて
、遊びの誘いにもあまり付き合わなくなっていました。

 

 

ご飯もあまり食べていないようで、
一度病院に見てもらった方がいいと周りに言われたのがきっかけで、
うつ病に気づいたそうです。

 

 

うつ病は、なかなか自分では気づけない病気で、
知り合いも自覚がなかったようです。
周りにいた私たちも、ただ体調が悪いだけだと思い、うつ病だとは気づかずにいました。

 

 

ただ落ち込んでいるだけのようにも見えますし、
性格からしても、まさかうつ病にかかるタイプではないと思っていたからです。

 

 

しかし、明るくて真面目な人ほどうつ病にかかることが多いらしく、
人に気を使ってしまって、自分のストレスをうまく発散できないからだそうです。
うつ病は治療に時間がかかる病気なので、早めに気づくことが大切だといいます。

 

 

幸い、知り合いは軽度だったので、ちゃんと静養することで良くなっています。
周りの人が気づいてあげるのが一番いいので、様子がおかしくなったいたら、ちゃんと話を聞いてあげた方がいいですね。