うつ病ですが、少しくらいの飲酒・アルコールは大丈夫ですよね?

うつ病で、薬物治療を受けている方は特にアルコールはやめた方が良いと思います。

 

薬の効き目や肝臓に悪い

アルコールの影響で、薬の効き目を弱くしたり、強くしたりとあまりよくない影響が
でます。また、アルコールと薬を分解するのは肝臓なので肝臓にも良くないですね・・。

 

薬との相乗効果で悪い方に働く場合がある。

薬の効き目については、例えば、
抗うつ剤などでは、アルコールの力+抗鬱剤で、気分が上がりすぎてしまったり、
逆に、抗うつ剤の力が弱まって、気分が落ち込んだままということになります。

 

 

そもそも、薬の効き目を調べる調査では、薬を飲む人は、アルコール片手に
薬を飲まないわけですから、効くものも効かない可能性があるし、
予想外の害も出るかもしれないんので、結構危険です。。

 

睡眠のリズムを崩し自然治癒力を働きにくくする。

あと、アルコールをやめた方が良い理由としては、睡眠が浅くなることや
睡眠のリズムが乱れることがあります。

 

 

睡眠のリズムが乱れると、体の自然治癒力もあまり働かなくなります。

 

 

風邪などの体の病気だと何となく、早く寝て体を休めないと薬も効かないし
けがも治らないよねというのが、体感できるのですが、メンタル系の病気だと
なぜか、夜更かししても大丈夫でしょ!という方がいらっしゃいます。。

 

 

薬は、あくまで体の自然治癒力を発揮するお手伝いをするだけですから、
薬を飲む以前に、体のコンディションをよくしておく努力を患者さんがする必要があります。

 

 

スポーツ選手で試合の前日に泥酔する選手がいないように、
治療中はアルコールをやめて、体のコンディションをよくして
治療していった方が結果として早く治ることにつながっていくと思いますね。

 

 

ご家族の方で、うつ病の患者さんにどのように接したらよいですか?
という質問を受けることがありますが、患者さんにアルコールを飲ませない、
生活リズムを整える手助けをするというのは、一番患者さんに役立つ接し方
だと思います。