私のプチうつ対処法

精神的なショックを受けたときには、人によって対処の仕方が大きく変わるものです。
明るい性格で悩み事をすぐに忘れることができる人であれば、す
ぐに立ち直ることができます。

 

 

ところが、プチうつの精神状態の人であれば嫌なことを長く引きずってしまい、
落ち込みが極めて激しくなるのです。

 

 

落ち込みが激しいようでは、
プチうつの状態になるのは無理もないことです。
対処をするためには、気分転換をして嫌なことは全て忘れてしまうことが大切です。

 

 

落ち込みがひどくてプチうつの状態が続いてしまえば、対人関係も悪化してしまいます。
人前では明るく気さくにふるまうようにしていれば、自然と気分も明るくなっていきます。

 

 

プチうつへの対処として有効なことには、食事を改善させることもあります。
脳内神経物質のアセチルコリンの合成を助けるレシチンを、大豆食品などから摂取すれば
、プチうつの症状を和らげることができます。

 

 

肉類や大豆食品からアミノ酸のトリプトファンを摂取して、
精神を安定させる働きのあるセロトニンの生成も助けてあげれば、
プチうつを解消するために大きな助けになります。

 

 

歯ごたえのあるものをよく噛んで食べることで、
脳を刺激してプチうつの重たい気分を和らげることもできます。