ユニクロとうつの記事について

週刊東洋経済のニュースで、有名企業のユニクロと
うつの話を見つけました。

 

 

 

『特別リポート ユニクロ 疲弊する職場』という急成長を続ける一方でサービス残業が常態化し、うつ病の罹患率も高いグローバル企業・ユニクロの実態に迫っている。

 

 07年新卒入社社員の「3年内離職率」は37・9%、08年入社は46・3%、09年入社は53・0%、10年入社は47・4%、11年入社は2年間で41・6%??。

 

 今回、東洋経済の取材に対してユニクロは、05年12月以来、公開してこなかった新卒入社社員の「3年内離職率」を明らかにした。この「3年内離職率」は就職希望の学生が最も注目するものだ。09年入社組では5割を超えており、これは同業の中でもかなりの高率になっている。

 

 同時に、ユニクロ店舗ではうつ病などの精神疾患にかかる社員が続出している。12年8月期にはユニクロの店舗正社員における休業者のうち、42・9%がうつ病などの精神疾患だ。産休・育休の取得者と同率で、店舗正社員全体の約3%が精神疾患で休職している計算になるという。一般的な企業では平均約0・5%だという。

 

(引用:http://biz-journal.jp/2013/03/post_1644.html)

 

 

なかなかの、つらさですよね。
原因は社員のサービス残業の長さだったり、体育会系の社風が
影響しているそうです。

 

 

 

通常、仕事時間が長くても、会社の愚痴を言えたり風通しの良い場合は
そこでストレスが多少なりとも緩和されていくものなのですが、
社風的にそういうことが許されないとはつらいですね。

 

 

ちなみに、ユニクロの初任給は21万円で、昇給も年に2回と
待遇的には普通の会社のようです。

 

 

ちなみに、政府の出している大卒の3年離職率だと
小売り業で、4割〜3割くらいを推移していいるので、
小売業の中ではちょっと高いよねという会社みたいです。

 

 

グローバルな企業なので、今の所きついところがあるのかもしれませんが、
だんだんと社員の満足度も考える企業に生まれ変わっていく
ことを期待したいところです。

 

 

ユニクロとかは、バイトとかでも入ることができるので
大学生でユニクロを考えている人はまずはバイトで入るのも
ありかもしれないですね。

 

 

あと、ユニクロの社員は2種類あり、普通の転勤のある社員と
地域限定の社員があります。

 

地域限定のリージョン社員は、年収が300万〜400万。
転勤のある、ナショナル社員は、55歳くらいで年収が800万円
程度まで上がるそうです。

 

 

今回の調査がどちらの社員なのかわかりませんが、
年収と拘束時間のバランスは非常に大切なので
うつと仕事の関係を考えるに良い例なのかもしれません。