アルコールをうつの薬の代わりに飲むのはどうでしょうか。

(質問続き)

 

Qうつ病ですが、アルコールを飲むと気分がよくなります。アルコールを薬の代わりに
飲むのはどうでしょうか。

 

 

A(回答)

 

 確かに気分が落ち込んだ時にアルコールを飲んで気を
紛らわすという人は多いです。

 

 

ただし、アルコールの場合、冷めた時にもっと気分が
落ち込むので注意が必要です。

 

 

また、酔いがさめるのが嫌なのでどんどんお酒を飲む
ため肝臓などの身体にも負担がかかり、
アルコール依存症のようになる方もいます。

 

 

アルコール依存症の方の3分の1程度はうつ病ということ
なので、アルコールを薬代わりに飲むよりも
普通に投薬などを受けて治療する方がよいと思います。

 

 

うつ病で、薬をもらっている場合、抗うつ剤と一緒に
飲むと、気分が上がり過ぎる(そう状態)事があり危険です。

 

 

また、肝臓への負担もかなり多くなるので、
アルコールと一緒に飲むのはやめておいた方がよいと思いますね。