主人の転勤がきっかけでうつ病になり離婚しました。

私がうつ病で離婚したときの体験談です。

 

結婚して3年程がたっていました。毎日幸せを感じていましたし、
不自由のない生活を送っていました。ところが、主人が転勤することになりました。

 

単身赴任でもいいといってくれましたが、まだ子供もいなかったし、
離れて暮らすと言う選択肢が私にはなかったので、一緒についていくことにしました。

 

 いざ引っ越しをしてみると、主人は今まで以上に仕事が忙しくなって家にいる時間が少なくなりました。
私は近所の人とも仲良くしなければと言うプレッシャーがありました。
どう思われているのか不安で強いストレスを感じていました。

 

 今までとか違う習慣や、知り合いもいないのでドンドン家に引きこもるようになりました。
気持ちも落ち込むことが多くて、掃除や食事の準備などが出来なくなってきました。

 

 私の異変に気づいた主人が病院に連れて行ってくれました。
すぐにうつ病と言う診断がされて、薬を処方されました。

 

 一緒に暮らしても主人の世話を出来ないということもあって、
しばらく実家に戻ってゆっくりすることになりました。
 薬を飲んだりすると気分も落ち着くし、実家にいるときはいくらか気分もいいですが、
主人のいる転勤先に戻る気にはどうしてもなれませんでした。

 

 このまま離れて暮らすことになるなら、
これからのお互いのためにも離婚したほうが良いということになり、
うつ病を発症してから2年後に離婚しました。
 これが私の体験談です。