精神科や心療内科を受診する際の良い医者の選び方を教えてください。

お医者さん選びは、治療に関わってくるのでかなり大事だと思います。

 

 

一つの基準になると思うので、
日本うつ病学会の理事長(サイト作成時)の野村先生が
医者選びに重要な事を5つとして挙げてあるのを紹介します。

 

 

1薬の処方や副作用について説明してくれない
2初診や最初の処方でいきなり3種類以上の薬を処方する
3薬がどんどん増えていってしまう。
4薬について質問すると不機嫌になってしまう
5薬以外の対応法を知らないようだ。

 

 

と言う5つを挙げておられます。

 

 

1,4のお医者さんはかなり怪しいですよね・・・。

 

 

2は、抗うつ薬は最初は1種類から試していくという原則が
あるため、いきなりいくつも使う先生は
最近の情報を勉強していない先生の可能性が高いです。

 

 

 

また、3も、薬の種類が増えれば増えるほど
効果があるということでもないので、危ないそうですね・・・。

 

 

5も、結構危なくて、薬以外の対応法が
ないわけですから、何か不調を訴えると
ただ薬が増えていくだけの治療になり
危険だそうです。

 

 

心理療法を併用すれば、うつに効果的という
データもありますから、薬以外の治療にも
明るい医師を選びたいものです。

 

 

危ない5条件の逆に書いてみると
良い医者選びができると思うので、
最後にまとめとして書いてみます。

 

 

○こんなお医者さんに治療を受けた方がよいです。○

 

1薬の処方や副作用について説明してくれる。
2初診や最初の処方でいきなり3種類以上の薬を処方しない。
3薬の量がだんだん減ってくる。
4薬について質問しても丁寧に説明してくれる。
5薬以外の対応法にも詳しく対応してくれる。