急性ストレス反応について教えて頂けると幸いです。

急性ストレス反応と言うのは、
大きなストレスが短期間にかかった時に
身体に出てくる反応の事を言います。

 

 

命にかかわるような出来事が起きた時に
急性ストレス反応が出やすいです。

 

 

命にかかわる出来事例:交通事故、暴行、地震、火事、テロなど

 

 

よくトラウマになった〜と言う方がいますが、
急性ストレス反応の場合のトラウマ(心的外傷))はずっと重いですね・・・。

 

 

症状としては、

 

 

・フラッシュバック
トラウマの原因となった事が今現実に起こっているように
はっきりと思い出されるなど。

 

 

・過覚醒
 神経が高ぶり、眠れなかったり不安になる。
覚醒しすぎてひたすら仕事に打ち込んだり
何かの作業をし続けるという事もあります。

 

 

・回避
 トラウマに関連する出来事を避けようとします。

 

 

これらは、とても正常なこころの反応で、
大体1ヶ月くらいで収まってくると言われています。

 

 

1ヶ月くらいで収まると自然治癒力が働いたということで
特に問題ならないのですが、1カ月を超えてくるとPTSDとして
治療の対象になるようです。

 

 

うつ病に関係してくる所だと、
会社員でうつ病の人の話を良く聞いてみると、
上司から受けたパワハラやセクハラ体験が原因と言う例があります。

 

 

それらの体験がトラウマになり、
会社に行けなくなり、気分も落ち込むという症状のようです。

 

 

この場合、単にPTSDの治療をするだけでなく、
パワハラ、セクハラの加害者への法的措置も一緒に検討する
必要が出てきます。