4月、5月のストレスを少し減らす方法は何かないでしょうか?

4月5月というと1年の中でもストレスを感じやすい時期だといわれています。
人間は新しいことに対応する時にストレスを感じやすいので、
職場の変化、人の変化などが多い4,5月はとにかく疲れます・・・。

 

 

 

そんな時に、少しでもストレスを減らすのによい方法の一つとして選択肢を減らすという方法はどうでしょうか。
人は選択肢が多すぎると自由を感じる一方で逆に決めることに力を使ってしまうそうです。

 

 例えば、ミスドでドーナツ買ってきてあげるから、この中から好きなもの選んでねと言われて、
「ポンデ黒糖、ポンデストロベリー、ポンデいちごミルク、ポンデショコラ、ポンデダブルショコラどれが良い?」
と聞かれたらかなりうざいですよね(笑)

 

 だったら、「1000円のドーナツセット一個買ってきてくれ」と
選択肢を絞るとかなりすっきりです。

 

 

 

このように、生活の中から選択する機会をなるべく減らしていく、
そして生活全体のストレス量を減らしていくという工夫をすると快適に暮らせると思います。

 

 

 

 生活の中で選択する機会というと、朝着る服、持ち物、通勤ルート、
食事、仕事、帰宅時間などなどです。この中で自分の裁量で決められるものとしては、
着る服とか、食事辺りが固定化できて良いと思います。

 

 着る服であれば、今週着るスーツとネクタイのパターンを固定させてしまえば、
毎朝悩まなくよいです。

 

また、食事なら、毎朝の食事はおにぎりとか、夕食はカレーみたいに決めてしまうことで、
「今日は何をしようかな〜」という無駄な力を使わなくても良いと思います。

 

 

 

ちなみに、フェイスブックの創始者、マークザッカーバーグは、
Tシャツ。アップルのスティーブジョブズはいつも同じタートルネックを着ていました。

 

これは、ザッカーバーグによると、

 

・着るものについて「エネルギーを使うのは無駄」

 

・「くだらないことや、うわついたことに時間を使うと、自分の仕事をしていない気がする

 

という事らしいです。

 

 

 

 オバマ大統領も、紺のスーツばかり着ているそうですが、これも同じ理由みたいです。
小・中学・高校の時代の制服もおしゃれに気を使う時間があれば、
勉強しろよという理由と他人と比較することで使うエネルギーを無駄に使わせないように工夫されているもののようです。

 

 

 

これらは、選択するエネルギーを節約するという理由に加えて、
常に同じものを着ることで安心するという効果もあると思います。

 

誰でも慣れ親しんだものの中にあるとそれだけ安定した感じがするので、
変化の多い世の中の中で安定感を作っていこうという心理的な効果もありそうです。

 

 ただしこの方法はファッション大好きとか、変化のない毎日など耐えられないよ〜という価値観の方は
逆にストレスになってしまうので、そういう方はオシャレを楽しんだほうが良いと思います。

 

 

 新生活は色々ストレスがかかって大変ですが、
少しでもエネルギーを温存して上手に乗り切っていきましょう!!