うつ病 体験談 復職 上司が変わったことがきっかけにうつ病になりました。。

ノルマが厳しい仕事ですがやり甲斐があり、
職場でも期待されていたため、
充実した毎日を過ごしていました。

 

ところが一昨年の冬に、地方から転勤してきた男性が上司になり、
職場での私の立場は一変してしまいました。

 

 

これまでは認められ、期待されていることが実感できる毎日でしたが、
何をやっても評価されず、精神的に焦っていました。

 

そんなときに上司から呼び出され、厳しい注意を受けました。

 

こちらの理由は聞いてもらえず、一方的に叱られてしまってからは、
だんだんと仕事に対する熱意が失われていくのが自分でもわかりました。

 

デスクで仕事をしていても、常に強い頭痛が続き、
だんだんと集中できなくなりました。

 

ネットで検索してみると、うつ病の人の症状とよく似ており、
体験談をいくつか読むと、私の症状と酷似していました。

 

 

そのうちに朝も起きられなくなり、会社を休みがちになった頃に、
心配した母に勧められて、心療内科を受診しました。

 

 

自分でもそうだろうと思ってはいましたが、
お医者様からはうつ病だという診断を受けました。

 

 

会社へはうつ病のために休養が必要であるという
医師の診断書を提出し、半年を目処に休職させてもらうことにしました。
(関連記事:うつ病かなと思った時の休職の手順を教えてください。

 

 

半年後に復職した際には、上司も代わっていたため、
以前のような症状はなくなりました。

 

 

休職中はもう復職できないのではないかと不安でしたが、
そんなときはうつ病を克服した人の体験談を読んで、とても勇気づけられました。