うつ病で休職した体験

最初はうつ病ごときで休むなんてと思っていましたが、
いざ自分がなるとなると休職したり遅刻が多くなったりしていくことがわかり、
それ以降はうつ病だとしても、人に言わないようにする、という態度が確立されていきます。

 

 

私自身の体験談としてうつ病は病気なので、病院に行けば治る可能性はあります。
職場ではひっきりなしに対応や事務処理に追われているため、
うつ病になったとしても中々休みは取れません。

 

 

その上、上司もそれに対して輪をかけて言ってくるので、
休みがとりにくい症状です。

 

 

つまり気づかないうちにうつ病になってしまっているのです。
ただはたから見ると鬱には見えないため、仕事を押し付けられてしまいます。

 

 

そうなると、負のスパイラルが生じて、その埋め合わせを各会社
で仕事をしている若い人に担わせているのです。

 

休職自体は悪いことではありません。
むしろ体調をきちんと整えて次の日からの生活に支障をきたさぬように考えることが大切です。

 

 

私自身もうつ病にかかって休職を余儀なくさせられました。
体験談としては生々しいかもしれませんが、
結局どんな仕事をやっても気持ちがついていかないのです。

 

 

それで、それを気にかけた上司から休職を勧められたのです。

 

 

周りの心無い姿勢もそうですし
、頑張れば頑張るほど自分がちっぽけに見えてくるのです。

 

 

ただ、下手に通い続けてつぶれてしまうよりも、
いったん休んでしまう、というのは正しい選択と言えるでしょう。