配置転換で発症してからうつ病が良くなった体験(社会人)

社会人になって十数年になりますが、職場にも馴染み、
特に問題らしい問題もありませんでした。

 

ところが2年ほど前に職場で配置転換が行われ、
自分には合っていない職場へ配転された頃から、
精神的に不調を来してしまいました。

 

最初のうちは疲れが抜けず、夜あまり眠れない程度だったのですが、そのうちに段々とひどくなり、
朝起きられないことが多くなってしまいました。

 

心配した妻が心療内科への受診を勧めてくれ、
一緒に診察に行くことになりました。

 

診察を受けた結果、うつ病であると告げられましたが、
自分がうつ病になったことが、俄には信じられませんでした。

 

ネットでうつ病を経験した人の体験談を探して読んでみましたが、
自分と同じ症状であることがわかり、この病と向き合う覚悟ができました。

 

それからは妻の精神的な支えと、通院時のカウンセリングと投薬治療が始まりましたが、
当初はあまり症状が軽減されず、辛い時期もありました。

 

そんなときはうつ病と闘って完治した人の体験談を読み、
必ず治る病気だと確信し、とても勇気づけられました。

 

うつ病と真っ正面から向き合い、治療を受けたことで、
だんだんと症状は快方へと向かい、先日ようやく完治しました。

 

私自身、上手く行かないことがあると、考え込んでしまう質なので、
これからはうまく気分転換しながら、仕事に励んでいきたいと思っています。