父親が定年後元気がありません。うつでしょうか。

お父様が定年後に元気がないという事。心配ですね。

 

 

定年で仕事を辞められてから、うつ病のようになってしまうという
男性は増えているようです。

 

 

長く続く方もいれば、数か月で立ち直る方もおり個人差があります。

 

 

原因としては、
仕事というやりがいがなくなってしまうのが大きいです。

 

 

仕事しているうちは、時間が自由にならないので忙しい、忙しいと思っていても、
急になくなるとさみしいものです。

 

 

職場での役割もなくなりますし、仕事通して得ていた充実感も
なくなってしまいます。

 

 

何より、毎日8時間以上職場にいた時間が、
ごっそり暇になるわけですから戸惑いますよね

 

 

 

他にも、職場には仕事仲間がいたと思うのですが、
仕事がなくなると付き合いもぐっと減ることが多いです。

 

 

 

社会での役割がなくなる、人間関係が希薄になる。こうなると
自分の人生っていったいなんだったの??と感じるようですね。

 

 

 

第2の人生というくらいですから、第2の人生を歩む充電期間
だと思って、しばらく見守ってあげると良いのかなと思います。

 

 

書店にあるシニア系の雑誌では、定年に備えて趣味をはじめよう!
みたいな特集があり、定年後の人生に興味のある方は
在職中から少しずつ準備をはじめているようです。

 

 

もし、お父様が何もプランがないという場合は
そういう雑誌をそれとなくおいておいてもよいかもしれませんね。

父親が定年後元気がありません。うつでしょうか。関連ページ

介護うつというのは、どんな鬱なのでしょうか?